Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//女性に不足している栄養素とは?食事の摂取状況は?

アンチエイジング

女性に不足している栄養素とは?食事の摂取状況は?

こんにちは!

女性が働きやすい社会づくりを目的とし、働く女性の健康状態を調べている「まるのうち保健室」。

今回は「2016年度 第3期まるのうち保健室報告書」について、ご紹介します。

調査対象は、丸の内で働く女性352人です。

まず、「朝食を食べる頻度」です。

「ほぼ毎日」が70%いる一方で、「週4~5日」11%、「週2~3日」9%、「週1日程度」3%と、朝食欠食率は約3割にも上りました。

 

 

I024126284_349-262.jpg

 

 

食べない理由としては、「食欲がない」「時間がない」「眠い、寝たい」などの回答が上がっていました。

また夕食については、「残業があるときは食事を取りますか?」という質問をしています。

 

 

I024126293_349-262.jpg

 

 

「残業はない」と答えた人も27%いますが、残りの73%のうち「ほぼ毎日食事を取る」という回答は11%のみでした。

「たまに取る」28%、「取ることはない」34%と、残業で食事を欠くことがあるという回答は、合わせて62%でした。

働く女性は忙しさのあまりか、朝も夜も満足に食べていないことが分かります。

一般的な活動量の20-30代女性の必要エネルギー量は2000kcalとされていますが、女性たちの1日の平均摂取エネルギーは1488kcalでした。

これは糖尿病の治療食よりも少なく、実に89%の女性が「エネルギー不足」の状態であるといえます。

 

 

I024126301_349-262.jpg

 

 

当然、摂取するカロリーが少なければ、ビタミン・ミネラルなどの栄養素も大幅に不足しています。

なぜか毎日疲れている、肌荒れや貧血に悩んでいる、といった人は、必要な栄養が足りていないのかもしれません。

実はこの、ビタミン・ミネラル・鉄やカルシウム不足の大きな原因になっているのが「たんぱく質不足」なのです。

女性は一般に、炭水化物や野菜・果物の摂取が多く、ビタミンやミネラル、鉄、カルシウムを豊富に含む、肉や魚などの動物性たんぱく質を食べていない傾向にあります。

たんぱく質は体の免疫を上げる役割があり、女性の美しさのもとになるコラーゲンや女性ホルモンの材料です。

毎食最低、「片手のひら分」を目安に食べるようにして下さい。

日ごろ忙しい人ほど、自分の健康は後回しにしがちです。

仕事に邁進し、キャリアプランをしっかり立てていても、いざというときに健康を損ねてしまっては、意味がありませんよね。

日々の食事をおろそかにしないようにしたいものですね。

 
SHARE
シェアする

ブログ一覧