Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//「笑い」が健康に与える影響!

メンタル

「笑い」が健康に与える影響!

こんにちは!

「笑いの健康効果」については、いろいろな研究で確かめられています。

1976年に米国のジャーナリストのノーマン・カズンズが自らの闘病記の中で、笑うことで自らの難病を克服したと発表したのを皮切りに医学的な研究が始まり、笑いによって免疫力が上がる、痛みやストレスを感じにくくなるといった研究報告が相次ぐようになりました。

I037920931_349-262.jpg

吉本興業の協力の下で行った研究報告があります。

中高年の糖尿病患者19人が500kcalの食事を摂った後、1日目は糖尿病についての単調な講義を受け、2日目には吉本興業の芸人による漫才を鑑賞して大笑いしました。

そして、いずれの日も食事から2時間後に採血をして、血糖値がどのくらい上がったかを調べたところ、講義を聞いた日の食後血糖値は平均で123mg/dL上がったのに対し、漫才を鑑賞した日は77mg/dLの上昇でした。

つまり、漫才で爆笑した日は講義を聞いた日に比べ、食後血糖値の上昇が46mg/dLも抑えられていたということです。

また、がん細胞などを殺す「NK(ナチュラルキラー)細胞」を調べたところ、大笑いした後は、もともとNK細胞の働きが低い人は高くなり、高すぎた人は低くなって、適正な状態に落ち着いていました。

血液中の白血球を遺伝子レベルで調べてみると、笑った後には感染予防やNK細胞の活性化などに関わる遺伝子群の発現が高まり、糖尿病や抑うつ、炎症反応に関わる遺伝子群の発現は低下するという傾向が認められました。

つまり、健康にとって良い遺伝子のスイッチがオンになり、逆に健康を損なうような遺伝子はオフになっていたのです。

このような遺伝子レベルでの変化が起こった結果、食後血糖値の上昇が抑えられたり、免疫力が高まったりしたと考えられるわけです。

そもそも糖尿病の患者さんは、不安や恐怖、悲しみ、痛みなどのストレスがあると、血糖値が上がりやすくなることが分かっています。

ところが、笑うとそれとは逆の現象が起こります。

笑いは、喜びや楽しみ、心地よさ、満足感といった“快”の感情が表に現れ出たものです。

そういった前向きな心の状態が身体によい影響を及ぼすのです。

まさに「病は気から」です。

ぜひ皆さんも、健康のために、日常生活の中で「笑い」を意識してみて下さい!
SHARE
シェアする

ブログ一覧