Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//体幹部を刺激して代謝を上げる「自律神経ダイエット」

ダイエット

体幹部を刺激して代謝を上げる「自律神経ダイエット」

こんにちは!

激しい運動をしなくても太りにくい体質が手に入る、しかもリバウンド知らずの「自律神経ダイエット」はご存知ですか?

副交感神経を活性化させて「リラックスモード」に入ることで、腸の動きを改善して便秘を解消し、腸内環境も整える、というものです。

やり方(メソッド)はいくつかありますが、今回は体幹部を刺激して代謝を上げ、自律神経を整える、「手合わせストレッチ」、「グーパーローテ」の2つをご紹介しましょう。

■手合わせストレッチ:体幹部が目覚めてわき腹が超伸びる!

全身をピーンと伸ばしたまま、上体を前後、左右、回転することで、体幹部全体をいっぺんにストレッチさせます。

体の内側から活性化して、姿勢改善や頭のリフレッシュにも効果的です。

 

I038304955_349-262.jpg

■ グーパーローテ:指先までぽっかぽか

体を回すときに、遠くの物を取るイメージで手をグーパーすると、全身がよりよく伸びてストレッチ効果が上がります。

肩甲骨や肩の凝り、指先の冷え解消にも効果的です。

I038305004_349-262.jpg

 

どちらも、手の指先からつま先まで伸ばしながら体を倒したり回したりすることで、普段伸ばしにくい筋肉にもアプローチできます。

手首を交差して固定すると、体幹部から指先までの筋肉が連動して、よく伸びます。

全身の筋肉がよく伸びた状態では、血流が良くなり、細胞一つ一つが活性化しやすくなります。

実際にやってみると、体の内側からポカポカしてくるのがわかります。

大事なのは、呼吸に合わせてゆっくり動くことです。

副交感神経を上げるには、長く息を吐くのが効果的です。

動作をゆっくりと丁寧に行う意識を持って、やってみて下さい。
SHARE
シェアする

ブログ一覧