Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ポリフェノールで若返り!効果的な摂取方法とは?

アンチエイジング

ポリフェノールで若返り!効果的な摂取方法とは?

こんにちは!

ポリフェノールについては、ここでも何度か取り上げてきました。

改めておさらいすると、ポリフェノールは植物に多く含まれる抗酸化ビタミンの一種で、動脈硬化や糖尿病、高血圧など、体が活性酸素で酸化されて起きる病気を防ぐ、非常に強い抗酸化作用があります。

そもそもポリフェノールは、植物が外敵から身を守るために作られる成分で、虫や鳥がかんで嫌がるような苦みや渋みが特徴です。

ポリフェノールの種類としては5000以上あり、含有量が豊富な食品としては、緑茶、コーヒー、赤ワイン、チョコレート、大豆、タマネギなどが良く知られています。

 

I026794193_349-262.jpg

 

I026794198_349-262.jpg

 

I026794208_349-262.jpg

 

ポリフェノールは種類によって、期待できる抗酸化作用は様々です。

例えば、大豆に含まれる大豆ポリフェノールは、更年期障害の症状を軽くしたり、骨を丈夫にしたりします。

また、1日にコーヒーを2杯以上飲む人は、飲まない人と比べ皮膚のシミを抑制したという研究結果もあります。

これは、コーヒーに含まれるポリフェノール「クロロゲン酸」の働きです。

それでは、どうすればポリフェノールを効果的に摂取できるのでしょうか。

実はポリフェノールは摂取後約2時間で抗酸化作用が高まり、4時間ほどで消えるので、こまめに取るのが効果的なのです。

人はポリフェノールの約8割を緑茶やコーヒーなどの飲物から、残りを食べ物から摂取しています。

そのため、10時や15時の「お茶の時間」は、非常に良い習慣ということになります。

ポリフェノールは、各種合わせて1日に1000ミリグラム程度摂れば、抗酸化作用の効果が出てきます。

1000ミリグラムとは、コーヒーなら5杯、緑茶なら10杯程度に相当します。

食事の合間に、飲み物から取るようにすると効率的です。

また、ポリフェノールは大豆にも多く含まれているため、日本人は意識しないうちに、豆腐や納豆、味噌、しょうゆなどからポリフェノールをたっぷり摂っています。

野菜からポリフェノールを摂る場合、生で食べるのが一番効果的です。

ただ、生野菜を大量に食べるのは難しいので、野菜のゆで汁やだし汁を活用しましょう。

例えばたまねぎのポリフェノールは皮に多いので、皮ごとスープに使うのも良いでしょう。

ポリフェノールを上手に摂取し、サビのない体づくりを目指していきましょう!
SHARE
シェアする

ブログ一覧