Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//夏のシミ・シワで「老け顔」になるのを防ぐには?

アンチエイジング

夏のシミ・シワで「老け顔」になるのを防ぐには?

こんにちは!

ご存知の方も多いと思いますが、シミやシワの大きな原因は紫外線です。

男女問わず「真っ黒に日焼けしているほうがカッコいい!」なんて思われたのは、過去の話です。

日焼けでシミやシワが増えることは今や常識となり、日傘を常用している人も少なくないですよね。

I037404914_349-262.jpg

皮膚に紫外線が当たると、表皮で活性酸素が発生します。

すると表皮のいちばん下の基底層にあるメラノサイト(色素細胞)が活性化し、チロシンというアミノ酸を黒いメラニンに変えます。

これが日焼けのメカニズムです。

皮膚としてはメラニンを大量に作ることで紫外線をブロックし、表皮細胞の核の中の遺伝子DNAを守るとともに、表皮の下の真皮まで届かないようにしているのです。

I037404936_349-262.jpg

通常、表皮のターンオーバー(新陳代謝)で、メラニンははがれ落ちます。

しかし、加齢、不規則な生活、ストレスなどでターンオーバーのサイクルが乱れたり、紫外線の浴び過ぎで大量のメラニンが作られると、メラニンが排出されずに表皮の中に残ってしまいます。

これが「シミ」です。

さらに、メラニンが集まることでシミが濃くなり、角化(新陳代謝が滞り表皮の細胞が角質に変化する現象)が進んで盛り上がると、イボになります。

また、単なるシミだと思って油断していたら皮膚がんということもあります。

形がいびつ、色にムラがある、どんどん広がっている、などの場合は、念のために皮膚科で診てもらうようにしましょう。

くっきり刻まれた深いシワの原因も、同じく紫外線です。

奥の真皮まで届くUVAという紫外線によって正常なコラーゲンが作られなくなり、表面の皮膚を支え切れなくなることで、シワができてしまうのです。

では、シミ・シワを防ぐためには、どうすれば良いのでしょうか

まず何といっても、肌を直射日光に当てないことです。

特に髪が寂しい人は、晴れた日には帽子をお忘れなく。

ゴルフなど、アウトドアのスポーツを楽しむときは、医薬部外品の日焼け止めや美白化粧品でカバーしましょう。

また、ビタミンCのサプリメントも、黒いメラニンを還元して色を薄くする美白作用があり、有効です。

皮膚科でも、1日600-1200mgほど処方されます。

しっかりと対策をして、今年の夏を乗り切っていきましょう!
SHARE
シェアする

ブログ一覧