Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//細胞の「コゲ」「サビ」「カレ」を防いでアンチエイジング!

アンチエイジング

細胞の「コゲ」「サビ」「カレ」を防いでアンチエイジング!

こんにちは!

美容・健康、両面から研究が進められているアンチエイジング。

見た目の若さ・美しさを保つために防ぐべきモノが、徐々に突き止められてきています。

それが、タイトルに書いた、「コゲ」「サビ」「カレ」の3つなのです。

1つずつ説明していきましょう。

まず「コゲ」です。

これは糖化のことです。

人間の体の構造や機能に関わるもの、細胞・ホルモン・コラーゲンなどは全て、たんぱく質でできていて、それらを活動させるエネルギー源が糖質です。

糖質を多く摂りすぎると血液に染み出し、たんぱく質にくっつきます。

糖化したたんぱく質は体温で加熱されると褐色になることから、「コゲ」と呼ばれているのです。

次は「サビ」です。

これは酸化のことです。

酸化とは、酸素と化合してしまうことです。

サビは、硬い鉄をもボロボロにしてしまいます。

酸化してしまった体内細胞が、サビた鉄と同じようにボロボロになっていく様子を想像すると、恐ろしくなってしまいますね。

最後は「カレ」です。

これは水分不足のことです。

加齢と共に、肌がカサカサに乾燥してくることは、皆さんご存知の通りです。

「みずみずしい」という表現があるように、細胞に豊かな水分が含まれていることが、若さを保つ秘訣なのです。

この3つそれぞれに、対策はあります。

対策のポイントは以下の通りです。

■「コゲ」:糖質(砂糖、果糖、炭水化物等全て)の摂りすぎに注意する

■「サビ」:抗酸化食品(色の濃い食品に多い)を積極的に摂る

■「カレ」:こまめに水分補給をする

それぞれの詳しい対策については、また改めて取り上げていきたいと思います。

ぜひ「コゲ」「サビ」「カレ」の3つを撃退して、健康寿命を延ばしていきましょう!
SHARE
シェアする

ブログ一覧