Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//肌のシミ、たるみで老け見え 原因は「糖化」かも

アンチエイジング

肌のシミ、たるみで老け見え 原因は「糖化」かも

こんにちは!

実年齢より若く見える人と、老けて見える人って、いますよね。

老化の原因の1つに糖化という生体反応があり、その進行度合いが「見た目年齢」を左右する可能性があることが、最近の研究で分かってきました。

糖化とは、糖とたんぱく質が結びついて熱が加わったときに起きる現象です。

例えばパンケーキを作るのに、小麦粉や砂糖(糖)と卵や牛乳(たんぱく質)を混ぜてフライパンで焼くと、表面がこんがりキツネ色になりますよね。

これが糖化の一例です。

人の体内では、食事で過剰摂取した糖質が血中で余り、体の組織や細胞を構成するたんぱく質にくっついて体温で温められ、糖化が起こります。

高血糖状態が長く続くほど糖化は進みますが、やがて体内のたんぱく質は糖まみれになって劣化し、AGEという悪玉物質に変わってしまいます。

AGEは茶褐色の物質で、体内にAGEが長い間蓄積すると老化を早め、体内機能を低下させることで様々な病気の引き金になります。

例えば、肌のコラーゲンが糖化してAGEが増えると、茶色いシミやシワ、たるみの原因になります。

血管のコラーゲンが糖化すると動脈硬化に、骨のコラーゲンが糖化すると骨粗鬆症に、目の水晶体にあるクリスタリンが糖化すると白内障になるリスクが高まります。

 

I028999577_349-262.jpg

また、AGEは体内で作られるだけではなく、AGEを多く含む食べ物を摂ることで体内に蓄積されます。

代表例は、パンケーキのような焼き菓子や、肉の加工品など、糖分とたんぱく質を高温加熱した食品です。

それでは、どうすれば糖化とAGEの蓄積を抑えられるのでしょうか。

重要なのは、食後血糖値の上昇を緩やかにすることです。

炭水化物や菓子類、清涼飲料水などの糖質の過剰摂取は血糖値の急上昇を招きます。

食べる順番に気を配ることも大切です。

食物繊維は糖質の吸収を緩やかにする働きがあるので、サラダや野菜料理を食事の最初に食べることを習慣づけましょう。

また、AGEは加熱温度が高いほど多く発生するので、調理法は「生、蒸す・ゆでる、煮る、いためる、焼く、揚げる、の順でおすすめです。

ちなみに、焼いたり揚げたりする前に、レモン汁などの酸味の強い液体に浸すと糖化が抑えられ、AGEが6割ほど減るという研究報告があるそうです。

 

I028999581_349-262.jpg

若々しさと健康を保つために、糖化を防ぐ食生活を始めてみましょう!
SHARE
シェアする

ブログ一覧