Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//シミの2大要因「ゴシゴシ洗顔」「紫外線」にご注意!

アンチエイジング

シミの2大要因「ゴシゴシ洗顔」「紫外線」にご注意!

こんにちは!

紫外線の増える春夏。

ある一定以上の年齢の方は、お肌の「シミ」がを気になる季節でもありますよね。

 

I036158186_349-262.jpg

 

シミは、メラニンの過剰な蓄積によってできます。

特に多く見られる、「顔をゴシゴシこすって洗った後、タオルでゴシゴシ拭く」という行為を繰り返していると、肌に炎症が起き、その刺激でメラニンが作られることがあります。

その後、ケアもせずに炎症が長く続くと色素沈着し、シミになってしまいます。

顔を洗うときはふわふわに泡立てた石鹸の泡を顔に押し当てるようにするなど、なるべく肌に刺激を与えないよう優しく洗い、顔を拭くときはタオルを顔に押し当てるなどしてこすらずに拭きましょう。

その後は、化粧水をつけてきちんと「保湿する」ことを心がけましょう。

 

I036158847_349-262.jpg

しかし、やはりシミの一番の原因は、紫外線です。

多くの研究により、紫外線を浴びすぎると、シミ、シワはもちろん、皮膚がん、白内障など、健康に様々な影響があることがわかってきています。

紫外線が皮膚に当たると活性酸素ができて、細胞の遺伝子に傷がつきます。

すると表皮の角化細胞は、紫外線をブロックして大切な遺伝子を守るために、色素細胞にメラニンを作らせるのです。

では、メラニンができないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

答えは簡単、なるべく紫外線を浴びないようにしましょう。

紫外線の強さは7-8月がピークですが、5-6月もそれに匹敵するほどのレベルで、日や場所によっては真夏を上回ることもあります。

特に朝の通勤時間には、気をつけるようにしましょう。

具体的な紫外線対策としては、保湿と日焼け止めになります。

お手入れの順番としては、

1. 顔を優しく洗い

2. 保湿剤を使い

3. それから日焼け止めを塗る

という流れになります。

なお、日焼け止めの効果は1日中続くわけではなく、汗でも流れてしまうので、外出が多い人はお昼のタイミングなどに顔を洗って塗り直すようにしましょう。

その時、保湿剤もお忘れなく!

また、休日にアウトドアの活動をするときには、普段の保湿剤と日焼け止めに加えて、顔への直射日光を防ぐ帽子をかぶるようにしましょう。

紫外線は毛髪の成長に影響するという説もありますので、しっかり頭全体をガードする帽子がオススメです。

 

 

I036159944_349-262.jpg

 

それでは、また!
SHARE
シェアする

ブログ一覧