Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//炭酸水は身体に良い? 悪い?

ダイエット

炭酸水は身体に良い? 悪い?

こんにちは!

近年、糖分を含まない「無糖炭酸水」の市場が伸びています。

広まった要因の1つが「健康・美容に良い」という説が広まったことにあります。

でも、炭酸水は本当に「健康・美容に良い」のでしょうか?

I026965652_349-262.jpg

そもそも、炭酸水を飲むことは「水分補給」になっているのでしょうか?

これについては"Yes"で、通常の水と同じように体内に吸収されます。

ただし、炭酸水は胃の中でガスの気泡が拡大し、通常の水よりも満腹感を強く感じるため、運動するときなど多くの水分補給が必要になる場合には、炭酸水より普通の水を飲んだほうが良いです。

一方、「炭酸水は骨密度を減らす」という説があるようです。

これはまったくのデマで、炭酸ガスを溶かした飲料を飲むことと骨密度の変化には関係がないことが分かっています。

また、炭酸水には「塩分が多い」という説もあるようです。

実際には、ほとんどの炭酸水には、ナトリウムは微量に含まれるか、または含まれていません。

例えば、「ペリエ」100mlには、ナトリウムが1.18mg含まれています。

ナトリウム量(mg)×2.54=食塩相当量(mg)に相当しますから、ペリエを500ml飲むと、極微量の塩分を15mgほど摂取することになります。

ちなみに「コカ・コーラ ゼロ」100mlにはナトリウムが7mg含まれており、500ml飲むと塩分を89mg摂取することになります。

更に、炭酸水は歯のエナメル質を溶かすという説もあります。

炭酸水の多くは酸性で、普通の水よりは酸性度がわずかに高いものの、炭酸水で歯のエナメル質が溶ける可能性は非常に低く、糖入りの清涼飲料水に比べると、100分の1以下です。

なお、炭酸水は含んでいるガスによって、ゲップが出ることがあるので、胃酸が逆流する方には適しません。

また、過敏性腸症候群の方は、膨満感やガスが発生する可能性があるので、炭酸水は制限するか避けるべきです。

胃潰瘍のある方も、炭酸水を飲むことで、回復が遅れる可能性があります。

ただ一方で、炭酸水は消化不良や便秘に効果があるという報告もあるので、上記の病気・症状を持っていない方は、ぜひ飲むべきですね。

ということで基本的には、炭酸水は水の代用としても活用できます! 

特に、満腹感が得られるので、ダイエット中の方にはおススメです。

炭酸水をうまく摂って、健康・美容に役立てていきましょう!
SHARE
シェアする

ブログ一覧