Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//「冷ご飯ダイエット」は効果的?

ダイエット

「冷ご飯ダイエット」は効果的?

こんにちは!大西智子です。

 

TVや雑誌などで取り上げられて話題の「冷ご飯ダイエット」。

米の主成分である澱粉が、冷えることで「レジスタントスターチ」に変化することを利用したダイエット法です。

「レジスタントスターチ」は、日本語で「難消化性澱粉」とも呼ばれています。

その名の通り、米は冷えることによって、通常の澱粉よりも体内で消化されにくい構造に変わるのです。

体内で消化されにくくなることから、血糖値の上昇が抑えられるという効果もあります。

また、レジスタントスターチは食物繊維と同じような作用を持つため、腸内環境を整えることにもなります。

 

I018342566_349-262.jpg

 

そんな「良いことだらけ」に思える「冷ご飯ダイエット」ですが、「効果は限定的」という意見もあります。

そもそも、冷ご飯になってレジスタントスターチに変化するのは、澱粉の20%程度だといわれています。

レジスタントスターチへの変化率と、米に含まれる他の栄養素分も考慮して、ご飯1杯(150g)をカロリー換算すると、以下のようになります。

■温かいご飯:252kcal

■冷ご飯:227kcal

カロリー換算では10%程度しか少なくならないのです。

もし「冷ご飯だから大丈夫!」と思い、大量に食べてしまっては、カロリー減の効果もあっという間に吹き飛んでしまいます。

それに加えて、ある意味「根本的な問題」かと思いますが、「冷ご飯はおいしくない」という点があります。

ご飯の中のレジスタントスターチが最も増える温度は約4-5度です。

これは冷蔵庫の温度と同じくらいなので、ご飯はボソボソとした状態です。

「ボソボソご飯」、食べますか?

ちなみに、冷ご飯を電子レンジなどで温めてしまうと、レジスタントスターチはまた澱粉に戻ってしまいますので、効果はなくなります。

もしかしたら「冷ご飯の方が好き!」という方もおられるかもしれませんね。

そういう方はぜひ「冷ご飯ダイエット」を実行してください。

しかし個人的には、通常の糖質制限とかの方が効果的ではないか、という気がしますが、いかがでしょうか?

最後は自己判断で、、、
SHARE
シェアする

ブログ一覧