Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//「食べてやせるダイエット」の鍵となる食物繊維!

ダイエット

「食べてやせるダイエット」の鍵となる食物繊維!

こんにちは!大西智子です。

 

「食べてやせるダイエット」という、夢のようなダイエット法があるのをご存知でしょうか?

その鍵となるのが、食物繊維です。

食物繊維には、以下3点の重要な働きがあります。

 

1. 腸内で善玉菌を増やす働きをして、腸内環境を整える

食物繊維には大きく分けて水溶性と不溶性がありますが、水に溶けやすい水溶性の食物繊維は血糖値の上昇を抑制する効果が高いのです。

また、腸内で発酵することにより、善玉菌が繁殖しやすい腸内環境を作ることもわかっています。

2. 食後血糖値の上昇を抑制する

食後血糖値の上昇は、糖尿病のリスクを高め、しわやたるみの原因につながり、また骨質を悪化させることにもつながります。

食物繊維はそれらの原因となる食後血糖値の上昇を抑制してくれます。

3. 脂質の排泄を助ける

食物繊維には、動脈硬化の原因になるLDLコレステロールの排出を助ける働きがあります。

食物繊維を豊富に含む食材は、食べるためによくかむので、食べすぎを防げるという意味でも、ダイエットにつながります。

また、腸内の善玉菌が食物繊維をエサにして短鎖脂肪酸という物質を作り、この短鎖脂肪酸が血液中に出ると、脂肪細胞が脂肪をため込むのを防ぐので、太りにくくなるのです。

 

食物繊維を豊富に含む食材は、以下のようなものです。

■玄米や、大麦をはじめとする各種の雑穀

■大豆、およびおからやきな粉、納豆などの大豆を皮ごと加工した製品

■小豆、ゴマ、アーモンドなどの豆類、ナッツ類

■エノキ、シメジ、エリンギ、マイタケ、シイタケなどのキノコ類

■ゴボウ、オクラ、モロヘイヤ、レンコンなどの野菜

■海藻類、乾物類など

 

I039470169_349-262.jpg

 

ただし、食物繊維は消化しにくいので、体に良いからといってとりすぎると胃腸に負担がかかります。

また、よく噛まずに食べたり、食材にきちんと火が通ってなかったりすると、消化に負担がかかるので、食べ方、調理法にも気をつけましょう。

食事を変えると、24時間後には腸内環境が変わり始めるというデータがあるそうです。

今日から食物繊維の豊富な食材を意識して食べると、明日から腸内環境が好転し始め、ダイエットに効果があるだけでなく、10年後、20年後の血管の大病の予防にもなります。

ぜひ表から、食物繊維の豊富な食材を、積極的に摂取していきましょう!
SHARE
シェアする

ブログ一覧