Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//食欲を満たし肥満も防ぐ食物繊維!

ダイエット

食欲を満たし肥満も防ぐ食物繊維!

こんにちは!

海の幸、山の幸の豊かな秋は、どうしても食欲が増えてしまいますね。

 

I020750304_349-262.jpg

 

そんな、食べ物の美味しい秋に、食欲を満たしながら肥満も防ぐには、食物繊維を活用することが有効なのです。

まず、食物繊維の主な働きについて、ご紹介します。

1. 腸内で善玉菌を増やす働きをして、腸内環境を整える

腸内環境は肥満と関係し、また糖尿病、アレルギー、メンタル系の疾患とも関連がありますが、食物繊維は腸内で発酵することにより、善玉菌が繁殖しやすい腸内環境を作ります。

2. 食後血糖値の上昇を抑制する

食後血糖値の上昇は、糖尿病のリスクを高めたり、しわやたるみの原因になったり、骨質を悪化させて骨がもろくなったりしますが、食物繊維、特に水溶性のものは、食後血糖値の上昇を抑制する効果を持っています。

3. 脂質の排泄を助ける

脂質は多すぎるとメタボリックシンドロームや動脈硬化につながりますが、食物繊維には動脈硬化の原因になるLDLコレステロールの排出を助ける働きがあります。

また、食物繊維を豊富に含む食材は、食べるときによく噛む必要があるので、食べ過ぎを防げるという意味でも、ダイエットにつながります。

更に、腸内の善玉菌が食物繊維をエサにして短鎖脂肪酸という物質を作り、この短鎖脂肪酸が血液中に出ると、脂肪細胞が脂肪をため込むのを防ぐので、太りにくくなるという効果もあります。

食物繊維を豊富に含む食材は、下記のようなものです。

■各種雑穀(玄米、大麦など)

■大豆及び加工製品(おから、きな粉、納豆など)

■豆・ナッツ類(小豆、ゴマ、アーモンドなど)

■キノコ類(エノキ、シメジ、エリンギ、シイタケなど)

■野菜(ゴボウ、オクラ、モロヘイヤ、レンコンなど)

■海藻類、乾物類など

食事を変えると、24時間後には腸内環境が変わり始めるというデータもあります。

今日から食物繊維の豊富な食材を意識して食べると、明日から腸内環境が好転し始め、ダイエットに効果があるだけでなく、10年後、20年後の大病を予防することにもつながります。

「食欲を満たし肥満も防ぐ」ためだけでなく、腸内環境を整えて未来の健康を守るためにも、ぜひ食物繊維の豊富な食材を積極的に活用していきましょう!
SHARE
シェアする

ブログ一覧