Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//「お酒を飲みすぎると太る」ってホント?

ダイエット

「お酒を飲みすぎると太る」ってホント?

こんにちは!

お酒好きな人にとって、気になるのは「肥満」ではないでしょうか。

確かに「ビール腹」という言葉があるように、お酒好きな人は「太り気味」というイメージがありますよね。

また、お酒好きの人の中には「脂肪肝」「糖尿病」「痛風」といった生活習慣病を抱える人も少なくないように思います。

そもそも、お酒自体は肥満を助長するのでしょうか?

「酒はエンプティ(空)カロリーだから太らない」という説を唱える人もいるようですが。

お酒を純アルコールとして換算すると、1g当たり7.1キロカロリーになりますが、このうちのおよそ70%は代謝で消費されることがわかっています。

これが「酒はエンプティカロリー」と言われる理由の一つです。

さらに同一カロリーを脂質や糖質でとった場合と比較すると、アルコール自体には栄養素がないため、体重増加作用が少ないと考えられています。

これらを踏まえると、純アルコールだけであれば、ほとんど太らないと言ってもいいのかもしれません。

しかし、現実には太ってしまう人のほうがはるかに多いのは何故でしょうか?

その理由はごく単純で、お酒と一緒におつまみを食べ過ぎているためです。

太るのを防ぐためには、サラダや野菜スティックなど、食物繊維が多くて低カロリーのものをはじめに食べておくと、体に吸収されるアルコールのスピードを緩やかにしてくれるほか、カロリーの高いおつまみが胃袋に入る余地が狭まります。

同時に、胃壁や腸壁をアルコールによる直接的なダメージから防いでくれる役割も期待できるため、「体に優しい」効果もあります。

また、できるだけ「蒸す」「煮る」「焼く」「水煮」といった油を使わない調理法の料理を摂るようにしましょう。

枝豆、トマト、ワカメときゅうりの酢の物など、低カロリーの野菜や海草類、さらに湯豆腐、イカソーメンといった脂質が少なく、良質なたんぱく質を多く含むメニューがお勧めです。

反対に、お好み焼き、ピザ、餃子、ポテトサラダ、鶏の空揚げといった脂質と糖質を多く含む「ハイカロリー」のつまみは、中性脂肪を増やし、体重増加にもつながりやすくなります。

お酒が本当に好きで、「一生飲み続けたい!」と思っている方。

ぜひ今日から、「おつまみの種類と食べ方」に気をつけていきましょうね!
SHARE
シェアする

ブログ一覧