Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//太らない「おやつの食べ方」と「おやつの選び方」!

ダイエット

太らない「おやつの食べ方」と「おやつの選び方」!

こんにちは!

男性でも女性でも、「体重は気になるけど、どうしてもおやつを食べたい!」という人、いますよね。

そんな人にお薦めの、「おやつの食べ方」について、ポイントとなることをご紹介します。

 

 

I023037338_349-262.jpg

 

■栄養成分表示に注目

スイーツはどうしても糖質と脂質に偏りがちなので、たんぱく質や食物繊維が豊富なものを選びつつ、迷ったら糖質や脂質が控えめのスイーツを選びましょう。

■「ドーナツ単体」は避ける

ドーナツ単体だと血糖値が急上昇しやすく、太りやすくなってしまいますので、食べる前にたんぱく質や食物繊維が含まれるものを摂るようにしましょう。

■カップ型スイーツの選び方

プリンとゼリーでは、ゼリーの方が低カロリーの傾向があるので、基本的にはゼリーが良いでしょう。

また、腹持ちを良くしたい場合は、満腹感を抱かせてくれる働きのある食物繊維を含む果物入りゼリーがお薦めです。

■スイーツ+ジュースはNG

果汁100%ジュースは実は、果汁30%ジュースと糖質の量は変わりません。

スイーツ+ジュースだと、ダブルで糖質を摂りすぎになります。

たんぱく質を補える乳製品(ラテでもOK)などと一緒に摂ると、血糖値の急上昇を抑えられます。

■ナッツは量や種類も要チェック

ナッツは素焼きのものでも、含まれる脂質が多いため、食べ過ぎには要注意です。

また種類としては、オメガ3系脂肪酸が多く含まれくるみ、食物繊維が豊富なアーモンドがお薦めです。

■ヨーグルトはお薦め

ヨーグルトを「脂質が多い」と控える人もいますが、乳酸菌やビフィズス菌の腸内環境良化作用、血圧を下げる働きなどを考えると、おやつにはお薦めです。

■仕事終わりの「夜のスイーツ」

体内時計を司るたんぱく質「B-MAL1」の分泌が最も多い22時-深夜2時頃の時間帯にものを食べると、脂肪が蓄積されやすくなります。

おやつに最適なタイミングは、「B-MAL1」の分泌が最も少なく、活動量の多い昼間の2-4時頃です。

遅くとも18時頃までに食べ終わるようにしましょう。

このように、食べ方にちょっとした注意を払うことで、メタボ対策やダイエットに効果が出てきます。

ぜひ、上記の内容を日々意識するようにして下さい!

 

 
SHARE
シェアする

ブログ一覧