Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//「月に5日だけ」の「インターバルダイエット」とは?

ダイエット

「月に5日だけ」の「インターバルダイエット」とは?

こんにちは!

近年、「Fasting Mimicking Diet(FMD)」と呼ばれる、断続的に一定のエネルギー制限を行うダイエット方法についての研究報告が相次いでいます。

そのひとつに、米国の生物学者・ロンゴ博士を中心とするグループが行った研究があります。

この研究は健康な男女100人を対象とし、1カ月のうち5日間だけ摂取カロリーを制限するFMDを3周期実施して、その効果を検証しました。

カロリー制限期間の1日目は1100kcal程度、2-5日目は720kcal程度に摂取エネルギー量を抑え、炭水化物とたんぱく質は抑えめ、脂肪は多めの食事をしてもらいました。

その結果、脂質異常や高血糖の傾向にあった人で、体重や血圧、空腹時血糖、中性脂肪値やコレステロール値、炎症のマーカーとなるC反応性たんぱく、糖尿病の発症やがんの成長に影響するインスリン様成長因子1(IGF-1)に改善が見られました。

これはつまり、摂取エネルギーを一定期間だけ制限してまた元に戻すといった「インターバルを置きながらのダイエット」に効果がある、ということです。

I035404823_349-262.jpg

そして、FMDのエッセンスを取り入れた「インターバルダイエット」が提唱されています。

ポイントは以下の通りです。

■1カ月のうち連続する5日間だけ総摂取エネルギーを通常の半分にする

■それ以外の25-26日はビタミンや食物繊維など栄養をバランスよくとれる通常の食事にする

■炭水化物・たんぱく質を減らし、脂肪は多めでよい

■摂取エネルギーが半分になる5日間は、極端に激しい運動は避ける

ちなみに、インターバルダイエットを実践している人によると、インターバルダイエットを始めてから筋肉は落ちないどころか、逆についたそうです。

ぜひ皆さんも、試してみてはいかがでしょうか?

ダイエットの5日間が我慢ではなく楽しみになれば、「いつのまにかやせていた!」ということになるかもしれませんよ!
SHARE
シェアする

ブログ一覧