Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//ストレッチをやる時に気をつけるべきこと

ダイエット

ストレッチをやる時に気をつけるべきこと

こんにちは!

仕事中は長時間のパソコン作業に、通勤途中の電車やバスの中ではスマートホンの操作と、現代人は一日中同じ姿勢を続けることが多くなっています。

さらに、歩くことや日常の家事で体を大きく動かすことも少なくなり、生活レベルでの活動量も減ってしまっています。

筋肉を使わないと、能力が衰えていくと同時に柔軟性も失われ、体はどんどん硬くなってしまいます。

多くの人は、柔軟性を回復させようとストレッチをしていますが、「自己流」で行っているストレッチには、いくつか見直すべき点があるのです。

I034473678_349-262.jpg

オフィスなどでよく手軽に行うのは、肩や首などの「静的ストレッチ」です。

長時間同じ姿勢を続け、凝り固まった筋肉を静的ストレッチで引き伸ばし、刺激を加えると、一時的だが気持ちがいいことは確かですし、定期的に行えば体の柔軟性が回復し、血行も良くなって、凝り固まりやすい体質が改善します。

しかし、気温が低かったり、エアコンなどで部屋の温度が下がっている時には注意が必要です。

筋肉が冷えた状態で過剰な力で無理に引き伸ばすと、関節の可動域の限度を超えてしまい、筋肉だけでなく靱帯や腱に大きな負担がかかり、組織を傷める可能性が高まります。

そのため「静的ストレッチ」は、できるだけ運動後やお風呂から上がった後、体が温かいうちに行うようにしましょう、

もう一つ気をつけるべき点は、「限られた部位のストレッチだけを繰り返さないようにすること」です。

多くの人が、自分の知っている限られた部位のストレッチだけを繰り返す習慣がありますが、これによって柔らかい筋肉と硬いままの部位ができて、体の柔軟性のバランスが崩れてしまうのです。

それが体の歪みにつながる場合があり、不快感を一層高める恐れもあります。

「硬くなって動きが鈍い部位」こそストレッチをすべきなのです!
SHARE
シェアする

ブログ一覧