Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//間食にはケーキの代わりにナッツを食べましょう!

ダイエット

間食にはケーキの代わりにナッツを食べましょう!

こんにちは!

以前ここでも取り上げたことがありますが、地中海風の食事スタイルでよく食べられるナッツ(カシューナッツ、クルミ、アーモンド、ヘーゼルナッツなど)は、死亡リスクを減らす効果があると証明されています。

 

ハーバード大学の研究者らが、10万人以上の米国人男女を対象に20年以上追跡調査した結果、1日に28g以上のナッツを週2回以上食べている人は、まったく食べていない人よりも死亡リスクが約15%も減少することがわかりました。

死因別では、がん、心臓病、呼吸器疾患による死亡リスクが低下することがわかっています。

ナッツには、ビタミン、ミネラルだけでなく、野菜・フルーツと同じくファイトケミカルが含まれているのがポイントです。

また、ピーナッツでも同様の結果が得られています。

ナッツ28gというと、小柄な女性の手のひらに載るくらいの量です。

これを週に2回以上食べればよいのだから、そう難しくはありませんね。

 

I026449347_349-262.jpg

 

ナッツと聞くと、「脂肪分が多くて太りやすそう」というイメージがあるかもしれませんが、それは大きな誤解です。

むしろナッツをとることによって、体重が減る効果が期待できるのです。

というのは、ナッツに含まれる脂肪分は、健康効果の高い不飽和脂肪酸なのです。

またナッツには、食事をすることによる消費エネルギーを上げる効果もあります。

2010年に発表された、米国12万人の男女を対象にした、「さまざまな食品を1日1食の割合で4年間食べ続けた場合にどのくらい体重が変化するか」、という調査によると、ナッツは野菜・フルーツや全粒粉穀物などとともに、ダイエット効果のある食品であることがわかりました。

また、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪の血中濃度が、正常値(それぞれ70-119mg/dl、50-149mg/dl)より高めの人が、1日当たり平均67gのナッツを最低3週間毎日摂取すると、それぞれ平均で9.9mg/dl、20.6mg/dl減少したという研究もあります。

つまり、間食のケーキの代わりに、ナッツを食べる習慣をつければ、間違いなく健康的になるということです。

ナッツにアレルギーのある人は別ですが、そうでなければ毎日でも摂るようにしましょう。

塩分のとりすぎが心配な人は、無塩のミックスナッツを選ぶのが良いでしょう。

ぜひ、今日から始めてみて下さい!
SHARE
シェアする

ブログ一覧