Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//胃もたれ、下痢は食物繊維と乳酸菌で克服

ダイエット

胃もたれ、下痢は食物繊維と乳酸菌で克服

こんにちは!

ある一定以上の年齢になると、食べる量が減ったり、満腹まで食べると胃腸の不調が出たり、下痢が長引くなど、「消化器の老化」を実感している人もいると思います。

でも、なぜこのような不調が起こるのでしょうか?

原因のひとつは「早食い習慣」です。

食べ物をあまり噛まず、流し込むようにして食べると、胃酸が十分に分泌されず、食べ物が胃の中でタンパク質分解酵素のペプシンとしっかり混ざり合いません。

タンパク質は細かいアミノ酸に分解されず「未消化」の状態で流れ、消化・吸収を行う小腸に負担を強いてしまいます。

(ちなみに加齢とともに胃酸分泌は低下します)

これが胃腸の不調の元凶となることが多いのです。

下痢も咀嚼が不十分であるために、消化不良を起こすことが原因だと考えられます。

それでは、消化器系のトラブルを改善するためには、どうすれば良いのでしょうか?

日々心掛けるべき3つのポイントをご紹介します。

1. 朝一番に、食物繊維をとる

腸の健康のために最もお薦めしたいのは、腸内の善玉菌のエサとなる食物繊維をとることです。

起床後、朝食前にたっぷりと食物繊維を補うことによって腸が刺激されて蠕動運動が活発になり、便通が促されます。

2. 腸内に善玉菌を入れる

ヨーグルトやぬか漬け、納豆などの発酵食をとり、毎日腸内に善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌、麹菌など)を入れることも心掛けましょう。

3. しっかり噛んで食べる

意識してしっかりと食べ物を噛みましょう。

よく噛んで細かくすることによって、唾液や胃液が分泌され、それらに含まれる消化酵素と食べ物をしっかりと混ぜ合わせることができます。

また、よく噛むという行為によって満腹中枢を刺激することができるので、食べ過ぎる前に満腹を感じられる、というメリットもあります。

ところで、胃の不快感や下痢の解消のために、市販薬を常用している人もいると思います。

しかしこれは、要注意です。

胃酸の分泌を抑える胃腸薬の常用は、ただでさえ年齢とともに低下する胃酸分泌に拍車を掛けます。

また、下痢止め薬は腸の蠕動運動を抑えるので、体にとっての「毒」を留めてしまうことにつながりかねません。

消化器の不調が続く場合は、市販薬に頼るのではなく、かかりつけ医に相談するようにしましょう。
SHARE
シェアする

ブログ一覧