Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//仕事に行くことが、泣くほど精神的に辛いとき

メンタル

仕事に行くことが、泣くほど精神的に辛いとき

こんにちは!大西智子です。

 

「仕事に行くのが辛い・・」

 

一人で悩み苦しんでいませんか?

 

仕事に行かなくちゃ・・

本当は、仕事に行きたいくない。

もし、行かなくてもいいなら、絶対に行かない。

 

行きたいくないけど、行かないと周りの人に迷惑をかけるし

生活のお金のことを考えたら行くしかない・・

仕事に行かないという選択は、

どう考えても許されないことに思える・・

 

でも、やっぱり・・

「仕事に行きたくない。」

それが、本音の本音ではないでしょうか?

 

「仕事があるだけでもありがたい。」

「働けるカラダがあることに感謝。」

 

そんな、世間一般的に賞賛される〝きれいな価値観〟にも

さらに心を苦しめられてるかもしれませんね。

 

仕事に行きたくない、って思う自分はダメな人間なんじゃないか。

未熟な考えな自分がダメなんじゃないか、って。

 

無意識に、自分を責めてしまいがち。

 

 

どうすることもできない現実と、自分の置かれている状況が

頭の中をグルグルめぐる度に、涙がポロポロ溢れてくる。

 

ああ・・

苦しいよ・・

私、どうしたらいいの?

 

・・・こんなふうに、吐き出すことのできない思いがあると、苦しくなりますよね。

 

 

自分を責める必要はありません。

 

仕事に行きたくない、というのは

自分から自分へのメッセージ。

 

今までも自分からのメッセージはあったんじゃないかな?

 

仕事に行くときに楽しさを感じない

仕事中の、心の窮屈感

仕事中の焦り、集中力の無さ

現実逃避したい思い

 

自分からの〝小さなメッセージ〟をたくさん受け取ってきたけど

ずっとスルーしてきたのでは?

 

涙とともに抑えきれなくなって、溢れてきたのは

無視しても

見ないようにしても

消えることのなかった感情、本心。本音。

 

涙が出るほど辛くて

仕事に行くのが辛いと感じる「今」は、

自分の心と本気で向き合う時がきた、っていうこと。

 

自分が本来、身を置きたい環境とは違う環境に

ずっと身を置き続ける、ということは

精神的に大きな負担、ストレスになり、苦痛を感じるものです。

 

「変わりたい」

「環境を変えたい」

「状況を変えたい」

「仕事を変えたい」

 

今、わかっていることは

自分が身を置いている環境や仕事が

本来の自分が望んでいる環境や仕事ではない

ということ。

 

でも・・

自分が何を望んでいるのかがわからない。

どこに向かえばいいのかが、わからない。

 

それが現状ではないでしょうか?

ちょっと一呼吸しましょう。

 

望む未来は、今この瞬間から創ればいい。

 

今までの過去は置いておき

どんな未来があれば、自分の人生はステキだ、って思う?

 

できる、できないは考えないで

自由に想像(創造)してみようよ。

未来を創造(想像)するのに、制限なんて、必要ない。

紙に書いていこう。

 

どんな人と一緒に過ごしたい?

どんな生活したい?

どんなライフスタイルがいい?

朝は何時に起きる?

どんな食事を食べる?

何をして過ごす?

どんな場所?都会?それとも自然の多い場所?

日本?海外?

 

どんな仕事をしたい?

癒す?元気を与える?自分を表現する?誰かをサポートする?アーティスト?

 

未来は自由に描けばいいけど

描けないもの、わからないものは、わからないでいい。

 

特に、どんな仕事をしたい、とかは、

わからなかったりするものだから。

 

本当にやりたい仕事、やってみたい仕事・・

そんなのがあったら

今頃、もうすでに何か始めてるんじゃないかな。

だから、

無理して今、決めなくていいし、わからないままでいい。

 

未来を自由に想像すれば

遅かれ早かれ、動き始めるよ。

現実が。

その変化を楽しんで。

今は辛い状況でも

楽しい時が、未来にはあるから。
SHARE
シェアする

ブログ一覧