Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//目覚めが悪い朝、辛い気分をスッキリ良くする方法!

睡眠

目覚めが悪い朝、辛い気分をスッキリ良くする方法!

こんにちは!

薬剤師・心理セラピストの大西智子です。

皆さん、朝はスッキリ起きられますか?
「起きてもしばらくはボーっとしている」という人も少なくないのでは?
朝、しっかりと「覚醒する」ための方法!_20171205_1

休みの日ならともかくとして、「どうしても目を覚まさなければいけない」という朝、皆さんはどうしていますか?

「シャワーを浴びてスッキリする」
いいですね!

「コーヒーをがぶ飲みする」
はい、それも一つの方法でしょう。

でも、もっと簡単にできて、覚醒につながる方法があるのです。
3つご紹介します。

1.家の中を裸足で歩く
家の中ではスリッパを履いている人も、寝起きはあえて裸足で歩いてみましょう。
足の裏が床に直に触れて皮膚感覚を刺激することで、脳幹部の中心にある上行性網様体を活性化させ、覚醒につながります。
また、裸足で歩くことで皮膚温度を下げ、深部体温と皮膚温度の差を広げることも、覚醒スイッチになります。
特にフローリングの床を歩くことがオススメです。

2. 冷たい水での手洗いと歯磨き
これは効果としては、朝シャワーと同じです。
手を冷水につけたり、口の中に冷水が入ることにより、リフレッシュできるだけでなく、深部体温と皮膚温度の差を広げることになり、覚醒につながります。
裸にならなくていい分、朝シャワーよりもお手軽です。

3. 朝食に温かいスープか味噌汁を飲む
身体の中に温かいものを流し込むことで、体温を上げ、覚醒につなげます。

いかがでしょうか。
どれも明日の朝からすぐにできそうですよね。

このようなちょっとした工夫をすることで、爽やかな目覚めを手に入れていきましょう!

 
SHARE
シェアする

ブログ一覧