Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//薬なしでプチうつ症状を改善する方法

睡眠

薬なしでプチうつ症状を改善する方法

こんにちは!

薬剤師・心理セラピストの大西智子です。

普段は何の問題もなく人とコミュニケーションができている人も、疲労度が高まると、途端に他人を許す、自分を許すということが難しくなり、ささいなことでキレるようになってしまいます。

疲労がたまると、次のような身体症状が出ます。

■頭が痛い
■肩が凝る
■目が痛い
■耳が詰まったような感じがする
■眠りが浅くなる

この段階で疲労を回復できず、疲れを持ち越してもう一段階上にまで疲労度が高まると、ネガティブなことばかりに意識が向き、イライラし始めるのです。

この段階は「プチうつ」とも呼ばれています。
かわいらしい名前ですが、本人はかなりの苦しさにあえいでいます。
ただ一方、一見したところでは元気そうに見えるので、周囲からは理解を得にくいという面もあります。

 
「最近イライラする」という人がやるべきこととは?_20190717_1

 

「プチうつ」のときには、自分をケアするために、「休む」のが一番の対処法となります。

「休む」方法としては、「3日間集中して休む」がおススメです。
ひたすら眠り、本も雑誌も読まない、ネットからも距離を置く。
食事は出前をとるか事前に買い込むなど、とにかく何もしないことが大切です。

実はこれは、戦場で生まれた知恵なのです。
戦場に行くと、肉体的にも精神的にも、過酷な状況であるためにあっという間に消耗し、疲弊し、本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。
かつてはこれは精神疾患によるものだと思われていたのですが、あるとき「とりあえず休ませよう」と3日間、何もしないで休息させてみると、非常に効果的だったのです。

現代人が元気を取り戻すためのポイントは、とにかく、刺激から離れて休憩をすることです。
原始人のときであればエネルギーを取り戻すためには「食べること」が重要でした。
しかし今、パソコンやスマホのおかげでどうしても24時間態勢で頑張り続けなければいけない現実があります。

だからこそ、ネットやメールといった「感情への刺激」から離れ、何もしないことが大切なのです。

「最近よくイライラするなあ」という自覚のある方、思い切って3日間休みを取り、実践してみて下さい!

 
SHARE
シェアする

ブログ一覧