Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//左鼻の詰まりを改善して自律神経を整え、睡眠の質を高める方法

睡眠

左鼻の詰まりを改善して自律神経を整え、睡眠の質を高める方法

 

薬を使わずに心とカラダを元気にする薬剤師・心理セラピストの大西智子です。

今日のテーマは

左鼻の詰まりを改善して自律神経を整え、睡眠の質を高める方法


片方ずつの鼻の穴を塞いで呼吸をしたとき、左の通りが悪ければ、カラダが緊張している状態。

左鼻は副交感神経に通じているので、通りをよくすれば、自律神経が整い、心が安定します。

副交感神経が優位になり、リラックス状態となり、眠りに入りやすくなり、睡眠の質が高まります。

左鼻の通りをよくする方法をご紹介します(^^)

睡眠の質を高めて、毎日を元気に過ごしましょう!

目次

自律神経を整えると、睡眠の質が上がる

速やかに眠りにつくためには、副交感神経を優位にし、心とカラダをリラックス状態にすることが重要です。

ストレス社会の現代、仕事や人間関係、住まいの環境などにより、交感神経が優位になっていて、心もカラダも緊張状態になっているケースが、とても多いのです。

そのため、睡眠の質が落ちてしまい、眠れない、寝ても疲れが取れないという人が急増しています。
意図的に、積極的に、副交感神経を優位にすることを取り入れ、質の高い睡眠をとっていきましょう。

STEP 1 、左鼻から息を吸う

ラクな姿勢で座り、顎を引き、背筋を伸ばします。
左ての人差し指で、右鼻を押さえます。
左鼻からゆっくり4秒かけて息を吸い込みます。

STEP 2 、右鼻から息を吐いて、吸う

左手の親指で、左鼻を押さえます。
右鼻から4秒かけて息を吐ききります。
しっかり吐き終わったら、4秒かけて右鼻から息を吸い込みます。

STEP 3 、左鼻から息を吐く

人差し指で右鼻を押さえます。
4秒かけてゆっくりと左鼻から息を吐き切ります。

このSTEP1〜3を、5セット行います。

寝る前に、たったこれだけを行うだけで、睡眠の質が高まります。

まとめ

わたしは、元々、左鼻が通りにくい鼻をしています。
耳鼻科で診てもらったのですが、左の鼻の通路が狭い、鼻の構造になっているそうです。
なので、左と右の鼻の通りを比べると、圧倒的に左は通りにくいです。そのため、この方法は積極的に毎日取り入れています。
自律神経を整えると、心もカラダも、調子が整います。
簡単にできるので、ぜひ、やってみてください。 (^^)/

SHARE
シェアする

ブログ一覧