Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//花粉症に、貼り薬。アレサガテープの効果について

減薬

花粉症に、貼り薬。アレサガテープの効果について

こんにちは。

薬剤師・心理セラピストの大西智子です。

 

今年も、憂鬱な花粉症シーズンがやってきますね。

「症状が少しでも楽になれば」と、薬で対処する人は多いですが、効き目が長く続かなかったり、副作用で眠くなる、といった声もあります。

 


花粉症に効果が続きやすい「貼り薬」が登場!_20200205_1




 

現在、スギ花粉症の薬物療法で使われる治療薬としては、より眠気が少ない「第2世代抗ヒスタミン薬」、その中でも集中力低下などの鎮静作用がより少ない「非鎮静性」のものが中心となっています。

より新しい第2世代抗ヒスタミン薬は、第1世代の欠点とされた副作用(眠気、口の渇きなど)が軽減され、抗ヒスタミン作用に加えて抗アレルギー作用を持ち、鼻づまりにも効果が期待できます。

こうした中、2018年4月に発売されたのが、世界初の経皮吸収型アレルギー性鼻炎治療薬「アレサガテープ」、第2世代抗ヒスタミン薬に分類される「貼る花粉症薬」です。


 


花粉症に効果が続きやすい「貼り薬」が登場!_20200205_2

 



貼る薬は、皮膚からの吸収でじわじわと血中に浸透していくため、効き目が安定し症状が変化しにくいという利点があります。

 

また、ほかの抗ヒスタミン薬と比べて眠気がより抑えられたり(眠気が起きないということではない)、肌に貼るので、内服薬と違って貼り忘れに気付きやすいなど、使い勝手の面でもメリットがあります。

興味がある方は、医師に相談してみてください。

 

 

ところで、花粉症シーズンを楽に乗り切るには、効き目に優れた薬剤を使うだけでなく、薬剤を使うタイミングも重要です。

抗ヒスタミン薬などは、使い始めてから効果が出るまでにタイムラグがあります。

また花粉症では、繰り返し花粉を吸い込んでいるうちに炎症が進み、症状が悪化します。

 

症状がひどくなってから薬を使うのでは、症状が改善するまでにより多くの時間がかかってしまので、花粉が飛ぶ前から薬での治療を始める(初期療法)ことが、シーズンを楽に乗り切る何よりのコツになってきます。

そうすることで、症状が出る時期を遅らせ、ピーク時の症状を軽くすることができるのです。

ぜひ早めから対策を始めて下さい!

 

 
SHARE
シェアする

ブログ一覧