Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//熱中症・夏バテ予防に意識したい「糖質+ビタミンB1」

減薬

熱中症・夏バテ予防に意識したい「糖質+ビタミンB1」

こんにちは!

暑くなると食欲が落ちますが、食事をきちんととらないと、夏バテを起こしてしまいます。

夏バテで体力が落ちると、熱中症にもなりやすくなってしまいます。

逆に、食事や睡眠がしっかりとれていれば、重度の熱中症になることはほとんどありません。

必要な栄養素をきちんととって夏バテを防ぐことは、熱中症予防にもつながります。

特に意識してとりたいのはビタミンB1です。

夏はどうしてもサッパリとした麺類などに偏りがちになってしまいますが、麺類は糖質の多い食品です。

糖質は大切なエネルギー源ではありますが、ビタミンB1を一緒にとらないと糖質をうまくエネルギーに変えることができず、夏バテしやすくなってしまうのです。

ビタミンB1は、豚肉、ウナギ、玄米、大豆、そら豆、モロヘイヤなどに多く含まれています。

より効果的なのは、B1の吸収を良くするアリシンと一緒にとることです。

アリシンとは、ニンニク、ネギ、ニラなどに含まれるイオウ化合物で、調理するときはすりおろしたり細かく刻んだりしたほうがお勧めです。

刻んだネギを載せた冷奴や、豚肉とニラの炒め物などなら、ビタミンB1とアリシンを同時にとれて一石二鳥です。

I037406706_349-262.jpg

効率よくB1をとるため、野菜をぬか漬けにするという方法もあります。

ぬかに豊富に含まれるB1が野菜に吸収され、B1を気軽にとることができるうえ、腸内環境を整え、免疫力をアップさせる植物性乳酸菌も一緒にとれます。

また、主食を白米から玄米に替えるのもお勧めです。

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」によると、玄米には白米の8倍のB1、7倍のマグネシウム、4.7倍の食物繊維が含まれています。

ぜひこれらを毎日の食事の中にうまく取り入れていき、夏バテそして熱中症を、うまく対策していって下さい!
SHARE
シェアする

ブログ一覧